人妻と肉欲の世界へ

「子規庵」は、正岡子規が晩年暮らした住宅を、復元させたものです。
東京都文化史蹟に指定されています。

日暮里は、レトロな風情の残った、落ち着いた街です。
ゆったりとした時間が流れており、まるで風俗とは無縁なエリアのように思えます。
しかし近隣の鶯谷が、古くからラブホテル街として栄えていたこともあって、日暮里にも不倫文化がよく根付いています。
そのため、人妻デリヘルが非常に発達しています。
散策エリアとして人気のある日暮里で、人妻と背徳的な肉欲の世界に溺れるというのは、なにものにも勝る快楽ではないでしょうか。
前述の通り近隣の鶯谷にラブホテル街がありますので、プレイ場所には困りません。
ゆったりと昭和の香りを楽しんだ後、まるで正反対の過激な空気に身をひたしてみるのも、また粋な楽しみ方かもしれません。
デリヘルであれば、お店のある場所など確かめる手間もありません。
周辺エリアは当地と同様に人妻デリヘルが盛んですので、他エリアのお店も合わせれば、同じ人妻系でも、サービス内容も人妻のタイプもまったく異なるお店が多数揃えられることでしょう。
自分に最適なお店と、きっと出逢えるはずです。
自分好みのプレイで、大満足のひとときを堪能しましょう。

今年の目標は日暮里ラーメンの制覇!

年も明けて今年はラーメン通としてはいろいろなことにチャレンジしていこうとおもっています。しかしまずはやっぱりラーメン関係のことがくるのですが、まずは今年は日暮里エリアのラーメンを制覇しようと思っています。
きっと女性にはこういった感覚は理解できないのでしょう。私も妻にはこういったことをさんざんののしられます。きっと日暮里という街はこういった部分においてちょっとまだ未熟なのでしょう。しかしラーメンは最高です。
まずは日暮里のラーメン制覇という目標を立てました。そして他にはラーメンを制覇したならもちろんもう一つも・・・ということで、デリヘル制覇します!しかしちょっとこれはハードルが高いので「〇〇発」エリアをしぼります。
まずは、デリヘルにおいては上野までのエリア発のお店に限定します。その条件で1~12月までに何とか約100店舗くらいでしょうか?制覇したいと思います。難しいのはデリヘル店はすぐに新しいお店ができるということです。
つまり日暮里でも次から次へと呼べるデリヘルのラインナップが増えては減って、減っては増えてというサイクルを繰り返しているのです。それが最近の日暮里デリヘルの一般的な事情通向けの情報です。やっぱり・・・楽しいのです。

日暮里のデリヘルでちょっとひと休み

今日は日暮里・舎人ライナーに乗りに来た鉄男です。この電車は新交通システムで無人で走ることが出来る電車です。距離はあまり長いとは言えませんが、電車が大好きな息子を連れて日暮里までこの電車に乗りに来たのです。確かに新交通システムといえば、ゆりかもめ、関西だと六甲ライナー、東海だとリニモなどが浮かびますがどれにしても素晴らしい技術ですよね。無人でコンピューターだけで電車が走るなんて、僕の息子も不思議そうに電車の運転席を眺めていました。
電車を楽しんで帰宅途中、息子は電車に乗れて興奮しまくったせいか、寝てしまいました。退屈な僕はスマホを片手に、あれやこれやと検索を始め、最終的にはデリヘルを検索して女の子を眺めていました。家に帰って息子は嫁に見てもらい、出直しました。日暮里駅近くのホテルへと駆け込み、デリヘル店へ電話するのでした。嫁や息子にちょっとだけ申し訳ないなと思いつつも、ぼくはとても良い気持ちで気分よくリフレッシュして帰宅するのでした。

手作りの街

自分が糖尿病からのEDになってから、夫婦生活はなくなっていました。結婚して15年。セックスレスの夫婦も多い頃ですよね。それに、日本人は夫婦間のセックスが極端に少ない国ですから。お互いに性欲がないと思っていたり、家族になり過ぎてしまって、相手に対して性的な目で見れなくなってしまうものなんですよね。海外の人は何が違うのでしょう?
でも、そこで油断していたら、妻の浮気が発覚。子供も手が離れ、趣味で始めたフラワーアレンジメントの先生です。日暮里の駅近く。通りかかったら若い男がいました。あいつでしょうか。
日暮里は古着や手芸の街ですが、こういった習い事の教室も多いのです。
久々に燃え上がった嫉妬の炎。EDの治療も進み、そろそろ誘おうと思っていた矢先の出来事です。
でも、いきなり妻を誘って、失敗したらプライドが許さないので、まずはデリヘルで試してみました。
大成功。でもこれは相手が変わったから?どう?結局妻を誘うのが怖いのです。ガクブル。

s