歯が黄色くなる飲み物や食べ物を知って色を付けない努力も大切!

毎日きちんと歯磨きしているのになぜか歯が黄色くなってしまう、そんな方もいらっしゃることでしょう。

実はその歯の黄色、飲み物が原因かもしれません。

歯が黄色くなってしまう飲み物はコーヒー、紅茶以外にもこんなにあるゾ!

歯が黄色くなってしまう飲み物といえばコーヒーや紅茶を思い浮かべる方が多いと思います。

でも実はその2つ以外にも緑茶や烏龍茶といったお茶系の飲み物、赤ワインやグレープジュース、コーラなど色の濃い飲み物なども影響してしまうんです。

あとジュースなどの甘みのある清涼飲料水も注意が必要で、歯の表面を溶かして色が付きやすい状態にしてしまからという理由があります。

ちなみに人によって食べ物か飲み物か意見が分かれるところですが、カレーもまた歯が黄色くなりやすい存在です。

歯が黄色くなるのはこんな成分が原因なのだ!

歯が黄色くなる原因はいくつかの成分が唾液中のタンパク質と結びつく事ですが、どんな成分なのかというといろいろあります。

例えばコーヒーや紅茶、烏龍茶の場合、タンニンやカテキンが原因

所謂コップに着いた茶渋と同じ原理ですね。

チョコレートや赤ワインなどに含まれるポリフェノールもまた、歯を黄色くしてしまっています。

どれも健康に良かったりという話がある成分ですから、健康のために頑張って摂っていたせいで歯が黄色くなっていたかもしれないなんてびっくりですよね。

ちなみにこんな食べ物も歯が黄色くなってしまいます

飲み物以外で歯が黄色くなってしまうものというと先に挙げたカレーが有名ですが、それ以外にもキムチやチョコレート、プルーンといった物を食べることで歯が黄色くなることがあります。

カレーとかチョコレートとか規則性がない食べ物たちだな、なんて思ってしまうかもしれませんが、簡単にまとめるならば色が濃い食べ物ということになりますね。

ソースやケチャップなどの調味料が使われているものも黄色くなりやすいので、焼きそばやナポリタンなども要注意です。

歯の黄ばみはこんな方法で日々予防することが大切だよ

歯の黄ばみを予防するためにはなるべく色が付きづらいものを摂取することが手っ取り早いですが、そんなの無理、って思いますよね。

ではどうしたら良いのかというと、ずばり歯磨きをしましょう。

歯を磨けばたいてい洗い流すことができます。

歯を磨くタイミングがない場合にはブクブクうがいをしたり、ガムを噛んで唾液分泌を促してあげることでも洗い流せます。

ガムを噛む際にはシュガーレスにすると口臭予防にもなっておすすめですよ。

うがいすら難しければ、コーヒーなどを飲む前後に水で口をゆすいであげるだけでも効果てきめんです。

まとめ

飲み物による歯の黄ばみはちょっとしたことを気をつけてあげるだけで予防することができます。

飲み物を飲むときちょっとだけ意識した行動をして、キラっと輝く歯をキープしたいものですね。