スクラブ入りの歯磨き粉はホワイトニングの効果はある?白くなる?

歯磨き粉を選ぶ時に、スクラブ入りの方が歯が綺麗になるような気がしてスクラブ入りの歯磨き粉を購入したという方もいるのではないでしょうか。

歯磨き粉に含まれるスクラブの作用や歯が白くなるのかなどについて詳しくご紹介します。

スクラブ入りの歯磨き粉は歯が白くなる?

歯磨きをしていても、紅茶やワインなどを飲むと着色汚れが気になってしまいますよね。

スクラブは洗顔剤からボディ用まであらゆる製品に使われています。

確かに肌や歯の表面の汚れを取るために役立つのですが、それが着色を取ることにはすぐには結びつきません。

歯を白くするためにはスクラブよりも、ポリリン酸ナトリウムやハイドロキシアパタイトなどの成分が有効といわれています。

スクラブや研磨剤を使うと歯の表面に傷がついてしまうので、着色が気になる時だけに限定して使った方がよいでしょう。

スクラブ入りの歯磨き粉は諸刃の剣!こんな危険なことが…!

スクラブの原料は植物性であればよいのですが、低価格な商品の場合、マイクロビーズと呼ばれるプラスチック粒子が使われているケースが多いです。

マイクロビーズは、歯や体内に悪影響を及ぼすことがあります。

差し歯をしている方などは歯の間に詰まってしまい炎症を起こしてしまうことがあるのです。

また、大量に摂取すると消化器官なども傷をつけてしまうことも考えられます。

少量で、最後に口ゆすぎをすれば恐れることはないのですが人工歯の方は注意が必要です。

スクラブをいじめないで!こんないいメリットもあるんだってばよ!

日本では規制されていないので、歯や体内への影響はほとんどないと考えられます。

環境面などに考慮をしているメーカーが自主的に代替剤のスクラブに替えたりしていることも多いです。

スクラブは、研磨剤を使っていない歯磨き粉でもすっきりとした仕上がりをしてくれます。

歯垢のザラザラが気になるという方は、少し使っただけでもつるつるな仕上がりが実感できるのです。

少しの着色汚れや歯石であれば、ブラッシングだけでも十分に綺麗にできます。

わざわざ歯科医院に行かないでお手入れする方法をお探しの方には、歯磨き粉1つだけでケアができ便利です。

スクラブは歯の白さに直接的な関係はないのです

スクラブは確かに歯の表面を綺麗にしてくれる効果が期待できますが、それは直接ホワイトニングをしてくれるわけではありません。

歯を白くしたいという方は美白成分が含まれている歯磨き粉を使う方がより効果的でしょう。

スクラブ自体には、汚れを落とすことはできても着色を防ぐことはできません。

歯を白くするためには、着色汚れを取るとともに、歯そのものをコーティングしていくことも重要です。

スクラブと美白歯磨き粉はうまく使い分けていきましょう。

まとめ

スクラブは、多くの歯磨き粉に含まれていて、洗い上がりもさっぱりするので人気です。

歯垢や軽い着色汚れを取ってくれますが、環境や人体への影響なども言われています。

歯を白くしたいという方は美白専門の歯磨き粉の方が便利です。

スクラブは歯の掃除には適しているので、手軽に歯の清掃をしたい方には向いています。